ライブラリ

Matchmoving: The Invisible Art of Camera TrackingTim Dobbert

マッチムーブとは、実写の映像素材と3DCGのデジタル映像素材をコンポジット(合成)する際の、実写カメラの動きや被写体の動きをデータとして推定するための技術のことである。デジタル技術を活用する映像制作が普及している今日の映像制作においては、マッチムーブは重要な要素技術となっている。本書では、このマッチムーブ技術のプロダクションにおける使い方を解説している。マッチムーブを利用するときの撮影に関する説明、マッチムーブにおける問題点と回避方法など、制作現場における重要な情報が記載されている。プロデューサーは、制作フローを知り制作の難易度を理解することで、適正な予算見積もり及び工程管理が可能となる。その意味で、本書はプロデューサーにとっても有用である。

目次

1. マッチムーブの基本
2. マッチムーブのためのソフトウェア
3. 2Dのトラッキング
4. 3Dの目盛り定め
5. 自動トラッキング
6. カメラ
7. セットに合わせる
8. セットにいるということ
9. 「マッチャメーション」
10. トラブルシューティングと上級テクニック
11. マッチムーブによるモデリング、映像によるモデリング
12. 多目的マッチムーブデータ

基本情報

ページ数
288ページ
出版社
Sybex
言語
英語
発行年
2005年
ISBN10
0782144039
ISBN13
978-0782144031