ライブラリ

制作技術
クラウドなどインターネット上でのサービスを活用することで、どこにいても制作チームに参加することができるようになるため、柔軟な制作チーム構成によって活動することが可能となり、コンテンツ制作のマネジメント方法を大きく変える。また、先端的なデジタル映像表現やVFXに関する動向を理解することで、コンテンツ制作の方法が変わってくる。このように、常に制作に関わる先端技術に注目しておくことは、コンテンツプロデューサーとして重要である。
準備(レベル1)
入門書
  • アナログからデジタルへと大きな変革期を迎えている映像コンテンツ業界だが、その一方で映像作品の中身に関わる企画、演出といったアナログなノウハウはこれまで以上に重要性を増している。本書は、このように幅広い…
国内(レベル2)
CG
  • 本書は、CGクリエイター検定・ベーシック対応書籍として、CGデザインの基礎を分かりやすく解説している。CGの歴史に始まり、2次元・3次元CGの技術・手法を、専門用語に対する説明を交えながら説明する教科…
  • 本シリーズでは、クリエータやコンテンツの不足している次世代メデ ィアを対象として、コンテンツの制作・公開において必要となる基礎的な情報を 提供するための、実用書となることを目的としています。第一弾の本…
ツール
3D
アニメ
ゲーム
プログラミング
国際(レベル3)
映画製作
VFX
国際|応用(レベル4)
モーションキャプチャ
ツール
入門書
  • 本書は、様々なアニメーション技法をわかり易くビジュアルに解説しているアニメーション製作を検討している人の必読書である。手描きアニメーション、モデルアニメーション、コンピュータアニメーションまでを網羅し…