ライブラリ

再生技術
近年世界的に流行ったPokemon GOのように、身体活動を伴うインタラクティブ性を実現する技術、位置情報などに対応するための技術、ARやVRといった没入感を実現するための技術がコンテンツ分野で注目されている。そして、こうした先端技術を駆使したコンテンツをいかに早く市場に出すかというスピードも求められている。したがって、プロデューサーは再生技術についての基礎を理解し、新規ビジネスの検討に役立てていただきたい。
準備(レベル1)
国内(レベル2)
シアター
  • 映像コンテンツとその技術は、臨場感が1つのキーワードになりつつある。本書は、映像と音響の近未来技術を臨場感という視点で整理し解説している。映像プロデューサーは、常に次世代の技術動向を把握しておく必要が…
VR・AR
国際(レベル3)
VR・AR
国際|応用(レベル4)
シアター
  • 5.1チャンネル・サラウンドサウンドは、映画館とホームシアターで普及している。本書は、5.1チャンネル・サラウンドサウンドについて、「マトリックス」をはじめとする数々の映画を分析しながらその効果を解説…
  • 映画の劇場入場者数が減少しており、映画コンテンツの消費が劇場外にシフトしている。本書では、劇場外でいかに映画コンテンツが消費されているかを解説している。米国においては、ケーブルテレビやDVDによる消費…
デジタルサイネージ
マルチメディア