ライブラリ

コンテンツビジネスに必要となる知識を解説する書籍を紹介。
PRODUCER HUB書き下ろしの情報もこちらに掲載。
  • 本書は、デジタルサイネージをシステムの観点から解説している。ライブ中継、インタラクティブなサイネージ、シネマコンプレックスでの活用など幅広い活用事例を紹介し、どのようなシステム構成が必要かを説明してい…
  • 本書は、YouTubeをメディア論の観点から論じている。YouTubeは、映像プロデューサーにとって戦略的な位置づけを考えておくべき対象であり、その意味で本書は直接YouTubeによる映像ビジネスを論…
  • 本書は、モーションキャプチャーの実践的な制作手法について解説している書籍である。モーションキャプチャーの作業工程や各工程で求められる作業量などを理解することができる。また、表情をキャプチャーするための…
  • コンピュータの性能が加速的に向上し、特にグラフィックス表現のハードウェア機能が進化したため、リアルタイムで3DCGのアニメーションを再生することができるようになった。このような環境でアニメーションをリ…
  • 近年、映像作品は、映画やテレビにおいて3D立体視映像が急増している。本書は、ハリウッド映画でステレオグラファーとして長年活動をしている著者が、立体視映像について解説している重要な書籍である。3D立体視…
  • 本書は、実験的な要素が強い映像事例を紹介している。たとえば、1967年モントリオール万博における膨大なスライドを活用したマルチスクリーンによるコンテンツや2001年に発表されたMITのAlphaWol…
  • 本書は、映画のトレイラー(予告編)が映画広報及びハリウッドの映画テクノロジーを普及させることに寄与していることを解説している。また、トレイラーの変遷として映画館での予告編からVHSやDVDにおける予告…
  • 映像コンテンツの新しいウィンドウとして公共空間におけるディスプレイが注目されている。第5の画面と呼ばれているデジタルサイネージである。本書は、デジタルサイネージをいかに映像ビジネスとして扱うかを主題と…
  • 映画の劇場入場者数が減少しており、映画コンテンツの消費が劇場外にシフトしている。本書では、劇場外でいかに映画コンテンツが消費されているかを解説している。米国においては、ケーブルテレビやDVDによる消費…
  • 映像コンテンツとその技術は、臨場感が1つのキーワードになりつつある。本書は、映像と音響の近未来技術を臨場感という視点で整理し解説している。映像プロデューサーは、常に次世代の技術動向を把握しておく必要が…