ライブラリ

CINEMATOGRAPHY & DIRECTINGDan Ablan、秋山 謙一、太田 奈緒美

本書は、3Dクリエーターのためにカメラテクニックの活用方法を解説している。3Dデジタルコンテンツの作成には、良質なライティング、テクスチャ、モデリングが欠かせない。同時に、3Dイメージやアニメーションをできるだけ高品質に仕上げるためには、実際の映画撮影術を生かしながら、3Dアプリケーションにおけるカメラの活用方法とテクニックを習得する必要がある。本書は、実世界の写真撮影と映画表現の原則に基づきながら、3Dアプリケーションに必要不可欠なスキルとコンセプトを詳しく解説していく。業界で使われている3Dアプリケーションのすべてで活用できる内容となっている。 (アマゾンジャパンより抜粋・要約)

目次

第 1章 イントロダクション
第 2章 [digital]カメラ
第 3章 ストーリーボード
第 4章 ショットのプランニング
第 5章 ライティング
第 6章 [digital] 監督術
第 7章 ステージング
第 8章 アクションライン
第 9章 音
第10章 解像度、圧縮、レンダリング
第11章 編集作業
第12章 本書のまとめ

基本情報

ページ数
232ページ
出版社
ボーンデジタル
言語
日本語
発行年
2006年
ISBN10
4862460143
ISBN13
978-4862460141