ライブラリ

The Technique of Film and Video Editing, Fifth Edition: History, Theory, and PracticeKen Dancyger

本書は、映像編集に関する理論と実践について解説している書籍である。アクション、コメディ、ドキュメンタリーなどのジャンルごとに解説しており、数多くの映画を事例として説明をしているのが特徴である。主に編集者や監督にとって有用な情報であり、プロデューサーには直接関係はないが、作品のクオリティコントロールをする観点に立てば意味がある。

目次

第1部: 映画編集の歴史
 1. サイレント時代
 2. 初期のサウンド映画
 3. ドキュメンタリーの影響
 4. ポピュラーアートの影響
 5. 監督に転向した編集者
 6. 編集における実験:アルフレッド・ヒッチコック
 7. 当たらし技術
 8. 国際的な発展
 9. テレビと演劇の影響
 10. 物語映画の伝統への新しい挑戦
 11. MTVの編集への影響
 12. 心理分析的発想の編集への影響
 13. スタイルの占有:模倣と革新

第2部: ジャンルごとの編集
 14. アクション
 15. ダイアログ
 16. コメディ
 17. ドキュメンタリー
 18. 想像的ドキュメンタリー
 19. アイデアと音響

第3部: 編集の原理
 20. 映像編集と連続性
 21. 映像編集とペーシング
 22. 音響編集と透明性
 23. 音響編集とクリエイティブサウンド
 24. ノンリニア編集とデジタル技術
 25. 結論

基本情報

ページ数
486ページ
出版社
Focal Press
言語
英語
発行年
2010年
ISBN10
0240813979
ISBN13
978-0240813974