ライブラリ

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術シド・フィールド、安藤 紘平、加藤 正人

本書は、脚本の書き方の教科書として定評がある書籍である。ストーリー構成の基本を解説するだけではなく、実践的なノウハウが多く含まれるためである。たとえば、脚本は冒頭の10ページが勝負であること説明しているほか、ストーリーラインの組み立てる方法として5x3情報カードというカードを準備し、14枚でストーリーの1つの構成を書いていく方法を紹介している。良いストーリーが良い作品を生み、結果としてコンテンツとしての成功に結び付く。そのため、良い作品に脚本がなりうるかを見極めるためにも本書は活用できる。

目次

1. 映画脚本とはなにか
2. 主題(テーマ)を作る
3. 登場人物(キャラクター)を創造する
4. 登場人物(キャラクター)を構築する
5. ストーリーと人物設定
6. エンディングとオープニングをつくる
7. ストーリーの設定
8. 二つの事件(incident)は関連する
9. プロットポイントを見つける
10. シーンを作る
11. シークエンスを考える
12. ストーリーラインを構築する
13. 脚本の形式を知る
14. さあ、脚本を書こう!
15. 脚色をする
16. 共同執筆(コラボレーション)
17. 書き終えた後

基本情報

ページ数
370ページ
出版社
フィルムアート社
言語
日本語
発行年
2009年
ISBN10
4845909278
ISBN13
978-4845909278