ライブラリ

3D Game-Based Filmmaking: The Art of MachinimaPaul Marino

コンピュータの性能が加速的に向上し、特にグラフィックス表現のハードウェア機能が進化したため、リアルタイムで3DCGのアニメーションを再生することができるようになった。このような環境でアニメーションをリアルタイム描画し表現するジャンルをマシニマ(Machinima)という。本書は、Machinimaで映像コンテンツを制作するための制作手法を解説している。プロデューサーとして知っておくべきことは、今後急増していくであろうリアルタイムアニメーションとしてのMachinimaの作業工程を把握することである。本書の多くの詳細説明は、プロデューサーには不要であるが全体を理解するために読むと役に立つ。

目次

1. マシニマを理解する
2. マシニマプラットフォーム紹介
3. マシニマプロジェクトを手がける
4. マシニマ:役者を呼べ!
5. バーチャルカメラを用いた実写撮影
6. マシニマにオーディオ・視覚効果を追加する
7. マシニマのプロジェクトを出力する
8. Unreal Tournament 2004 プラットフォーム入門
9. Unreal Tournament 2004 プロジェクトを手がける
10. UnrealEdを用いてキャラクターを追加する
11. Matineeを用いて作業する
12. UnrealEdとMatineeでオーディオを用いる
13. Matineeのマシニマ企画を仕上げる
14. 単純かされたマシニマ:ビデオキャプチャー
15. マシニマの編集:全てをまとめあげる
16. マシニマの公開と出力
17. マシニマのテクニック:シネマトグラフィー
18. マシニマのセットデザイン
19. マシニマのキャラクターディベロップメント

基本情報

ページ数
520ページ
出版社
Paraglyph Pr; Pap
言語
英語
発行年
2004年
ISBN10
1932111859
ISBN13
978-1932111859