ライブラリ

Digital Storytelling, Second Edition: A creator's guide to interactive entertainmentCarolyn Handler Miller

本書は、デジタルメディアを対象とした物語法について解説している。映像プロデューサーは、劇場映画に限定せず、新しいデジタルメディアにおけるコンテンツビジネスを理解することが求められる。本書では、ストーリーの構成基礎から、ゲーム、オンラインゲーム、双方向テレビ、実空間におけるゲーム(ARG)、ケイタイ、おもちゃなど新しいメディアにおけるストーリー構成法を紹介している。多メディア展開を考慮したストーリーとは何かを理解するうえで、本書は役に立つ。様々な関連分野ごとにストーリー作成について解説しているため、それぞれの解説はそれほど詳細に記述されていないが、全体を理解するためには有用な本である。

目次

第1部:新しいテクノロジー、新しい創造の機会
 1. ストーリーテリングの今昔
 2. 周辺から中心へ:デジタルエンターテインメントの発展
 3. 一点への収束

第2部:物語性豊かなプロジェクトをつくる
 4. インタラクティビティとその効果
 5. 古いツール/新しいツール
 6. キャラクター、対話、感情
 7. デジタルストーリーテリングにおける構造
 8. 子ども向けのプロジェクトに挑む
 9. トランスメディアによるアプローチ
 10. デジタルストーリーテリングの作品をつくる:企画開発プロセス

第3部:実利的目標達成のためにデジタルストーリーテリングを利用する
 11. デジタルストーリーテリングを教育の現場で利用する
 12. デジタルストーリーテリングを広報、広告その他のビジネス目的に利用する
 13. デジタルストーリーテリングを情報伝達に利用する

第4部:メディアとモデル - 内部にて
 14. テレビゲーム
 15. インターネット
 16. 多人数同時参加型オンラインゲーム
 17. オルタナティブリアリティゲーム
 18. インタラクティブテレビ
 19. スマート玩具と生き写しのロボット
 20. モバイル端末
 21. インタラクティブ映画
 22. 夢中になる環境
 23. DVD
 24. 電子売店

第5部:キャリアの考慮
 25. ディジタルストーリーテラーになる
 26. 自分自身のショーケース

基本情報

ページ数
496ページ
出版社
Focal Press
言語
英語
発行年
2008年
ISBN10
0240809599
ISBN13
978-0240809595