ライブラリ

物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術クリストファー・ボグラー、デイビッド・マッケナ

本書は、魅力的なストーリーを構成する方法論を解説しており、数多くのハリウッド映画の脚本作成に用いられている。いかにイキイキとしたキャラクター設定をするか、そして感動的なストーリーを創り出すか実践に使える手法を紹介している。

コメント

本書は、物語の構成について詳しく解説しており、コンテンツのストーリーを作成したり、作成された脚本を分析する際に役立つ。コンテンツは、良質なストーリーに基づいて構築されるので、質の高いストーリーを検討する上で重要な一冊である。

目次

はじめに
 ツールキット
ストーリー部門での日々
あいつら何者だ?
1 テーマを持つ
2 “求めるもの”リスト
3 重要な取引は何か?
4 観客との契約
5 両極の対立
 不可欠なツール
 『パルプ・フィクション』―二人のキャラクター、二つの極
 『マディソン郡の橋』―ひとりのキャラクター、二つの極
6 すべては“覚書”から始まった―『千の顔をもつ英雄』実践ガイド
 ジョーゼフ・キャンベルの『千の顔をもつ英雄』実践ガイド
 はじめに
 〈英雄の旅路〉の概略
 〈ヒーローズ・ジャーニー〉のステージ
7 英雄の内面的な旅路
 プロット主導か、キャラクター主導か?
8 相互アクション
 すべてはゲームである
9 キャラクターの機能―〈原型〉とそれ以外の類型
 〈原型〉
 プロップのキャラクター
10 キャラクターの代数方程式 (及び不自然な仕事について)
 ①求めるもの
 ②動き
 ③障害
 ④選択
 方程式と不自然な仕事
11 キャラクターとテオプラストス
 そもそもテオプラストスとは何者か?
 『キャラクターたち』の計画
 テオプラストスのキャラクター類型
 『キャラクターたち』の活用法
 考えられるキャラクターのメニュー
 混合と組み合わせ
 二つならよし、三つならなおよし
 もっと多ければもっとおもしろい
 自分のリストを作ってみよう
 キャラクター素描にトライしてみよう
 さらに進んだ実験
 脇役
 『キャラクターたち』の肯定的な修正
 ちょっと待った―これはステレオタイプとは違うのか?
 シネコンで起った奇妙な出来事
 奇跡的発見
 ローマ人によるリメイク
12 シノプシスとログ・ライン
13 ウラジーミル・プロップのおとぎ話アプローチ
 プロップの“機能”
 プロップの“機能”、及び〈ヒーローズ・ジャーニー〉のステージとの比較
 結論
14 プロップのキャラクター
15 環境的事実―概論
 環境的事実
 発見したこと
 双方向の働き
 新たな視点
 次の挑戦者へ
16 環境的事実 (1)―日付
17 環境的事実 (2)―場所
18 環境的事実 (3)―社会的環境
 社会集団をひとつにまとめているものは何か?
 それとなく示される社会的手がかり
 事例
19 環境的事実 (4)―宗教的環境
20 環境的事実 (5)―政治的環境
21 環境的事実 (6)―経済的環境
 安易な解答に頼ってはならない
 金に従え
 別の道はつねにある
 ほかの通貨形式
22 環境的事実―結論
 陸にあがった魚
 旅路の円弧
 核心に近づくための推理
 ターニングポイントはどこか?
23 ボードビルから学んだこと
 支配人の役割
 ショー・マスト・ゴー・オン
 コントラストの原理
 ディズニーとコントラスト
 目玉商品の配置
 プログラムの肉づけ
 実践に移す
24 ショーマンシップ
 A・R・K・O・F・Fの方程式
 売りたいのはベーコンじゃない
25 プロの映画脚本家になりたい人のための五か年計画
26 映画会社は脚本に何を求めているか
 キャラクター
 構造
 会話
 コンセプト
 予算
 基本ライン
27 ではさらば―私の捨て台詞

基本情報

ページ数
400ページ
出版社
アスキー・メディアワークス
言語
日本語
発行年
2013年
ISBN10
4048913956
ISBN13
978-4048913959