ライブラリ

ハリウッドキャスティング高田ゆみ(Yumi Takada Casting キャスティングディレクター)

 本稿は、日本のプロデューサーが米国で映画やテレビ、コマーシャルの撮影をする際に、全体的なキャスティングのプロセスとそれに関する法的な背景、商習慣など、必要な基本情報をまとめたものである。日本と米国とではキャスティングのプロセスや商習慣が異なるため、日本人プロデューサーが米国でキャスティングを行う際にできるだけ混乱を起こさないように本稿は配慮しているが、実際にキャスティングを行う際には、現地のキャスティングディレクターと組むことを勧める。また、米国のタレントエージェンシーやマネージャーと円滑に交渉していくための注意事項も入れた。 撮影に取りかかる際にキャスティングディレクターを雇えば、これらのプロセスのほとんどは代行されるが、その場合でも、プロデューサーがこれらの知識を持つことで、映画製作の予算の見積もりやスケジュールの設定にも役立つであろう。

目次

1. はじめに
2. キャスティングを理解するための基礎知識
 2-1. 組合映画、俳優組合
 2-2. ユニオン規定
 2-3. キャスティングの道具
 2-4. ハリウッドの中枢であるタレントエージェンシー
 2-5. 契約書類
3. 映画のキャスティング
4. テレビドラマのキャスティング
5. コマーシャルのキャスティング
 5-1. コマーシャルのキャスティングフロー
 5-2. コマーシャルのオーディション
 5-3. SAGのコマーシャル規定
 5-4. コマーシャルの使用媒体
 5-5. タレントのこだわり
 5-6. アルコール広告
6. キャスティングの対象者別のポイント
7. 国際的なキャスティングのポイント
 7-1. 米国で俳優を雇用する時のビザ上の注意
 7-2. 日本映画に米国人俳優を雇用する場合
 7-3. 日本人俳優を米国での撮影に送る場合
 7-4. Global Rule One Agreement
 7-5. 外国語映画
 7-6. SAG Signatory Company(ユニオン登録会社)
 7-7. 米国のテレビドラマに、日本人俳優は入り込めるか?
8. 参考資料リスト

基本情報

ページ数
53ページ
出版社
経済産業省
言語
日本語
発行年
2011年