ライブラリ

Is There Life After Film School? In Depth Advice from Industry InsidersJulie Maclusky

本書は、アメリカのフィルムスクールの卒業生とのインタビューを通じて、フィルムスクールに行く意義、そして卒業後のキャリアについて話し合う。経歴・専門・国籍・年齢がさまざまな9人に焦点を当て、フィルムスクールに入るまでの経緯、卒業後の進路、将来の野望などについて会話が繰り広げられる。インタビューされた9人は、フィルムスクール卒業後、映画またはメディア関連の仕事に就いたが、道のりは色々である。学生時代に抱いていた野心と、それを実現させる難しさが現れている。

目次

1. Amy Holden Jones 頂点から見下ろして
2. Peter Dowling マンチェスターからハリウッドへ
3. Bob Dinozzi サバイバルの手段
4. Melissa Bartley 著名人に憧れて
5. Francesca Longardi イタリアの映画制作を改革
6. Rebecca Kearey インディペンダント映画のマーケッティング
7. Sunil Thankamushy 前線で戦うインド人
8. Juan Gordon スペイン映画の企業家
9. Mardik Martin 皿洗いか死かの選択

基本情報

ページ数
232ページ
出版社
Continuum Intl Pub Group (Sd)
言語
英語
発行年
2006年
ISBN10
0826419119
ISBN13
978-0826419118