ライブラリ

国際共同製作の実際掛尾良夫

 映画ビジネスは製作、配給、興行、二次利用といった流れで構成されており、映画製作のプロセスについて、基本的な部分では、世界各国共通である。その基本の部分はもっとも重要であり、また情報として体系化され、「プロデューサー・カリキュラム」(※注1)でも網羅的に説明されている。しかし、一方で、ひとつの国の中で、小規模で進められた映画製作においても、想定外の問題が起こることが多々ある。映画製作では、作られた本数の数だけ、ケースバイケースの事例があるといえる。さらに、映画製作が国際共同製作になると、物理的な製作システムが国によって異なり、脚本開発での感情表現が異なり、配給システム、宣伝費の規模、観客層の構成も異なる。そして劇場公開でも、公開規模、公開期間、配給と興行のロイヤリティの考え方が国によって異なり、二次利用に関しては、基本の部分での前提すら一致していない場合もある。そこで、プロデューサーは、基本的な情報を装備した上で、ケースバイケースの事態に対?できる反射神経が求められる。

 ここでは、日本と極端に異なるアメリカの例をはじめ、日本、中国、韓国を中心とした、アジアでの共同製作の現場で、「プロデューサー・カリキュラム」の情報を?用するため、それぞれの国の映画ビジネスの実際を紹介したいと思う。

※注1 2003年度に経済産業省の委託事業として制作されたカリキュラム。コンテンツ産業の要となるプロデューサー人材の重要性に鑑み、国際的ビジネスプロデューサー養成のために必要とされる知識・ノウハウを体系化し、策定した。PDFデータとして、http://www.meti.go.jp/policy/media_contents/producer_curriculum.htmからダウンロード可能。

目次

1. はじめに
2. 国際共同製作が増加する背景と理由
3. 国際共同製作の定義の難しさ
 3-1. 1国のみの出資だが、複数の国が関わった作品
 3-2. 複数の国の出資による作品
4. 日本、韓国、中国の映画ビジネスの違い
 4-1. 著作権の違い
 4-2. 契約書の言語
 4-3. 準拠法をどの国の法律にするかが重要
5. 国際共同製作の企画開発
 5-1. ふたつの方向性
 5-2. 企画の成立
6. それぞれの国の市場の違い
 6-1. 観客の年齢層の違い
 6-2. 公開規模の違い
 6-3. 製作費の規模の違い
7. 各国の製作システムの違い
 7-1. 労働環境で異なる製作予算
 7-2. 考え方の異なる監督料、脚本料、キャスト費、スタッフ費
 7-3. 積み上げ式予算作成とグロス予算作成
 7-4. 資金調達方法の違い
 7-5. 製作委員会システムの問題
 7-6. 製作システムに対する各国スタッフの考え方の違い
8. 日本での製作、配給、興行、二次利用の流れ
 8-1. 日本の配給収入(映画料)
9. 韓国の映画ビジネス構造
 9-1. 資金調達(投資の勧誘)と収益構造
 9-2. メイン投資会社のタイプ
 9-3. 日本と似ていて、微妙に異なる産業構造
 9-4. 投資ファンド
 9-5. 韓国映画産業の平均的収益配分
 9-6. 韓国での配給の実際
10. 中国の映画ビジネス構造
 10-1. 日本や韓国と大きく異なる、製作、配給、興行の流れ
11. 映画における使用言語の問題
12. 日本、韓国、中国の二次利用市場
 12-1. 日本の二次利用市場
 12-2. 韓国の二次利用市場
 12-3. 中国の二次利用
13. アジアの共同製作の成功作品の実例
 13-1. 『アンニョン! 君の名は』
 13-2. 『一万年愛してる』
14. 国際共同製作の例
15. 資料提供

基本情報

ページ数
61ページ
出版社
経済産業省
言語
日本語
発行年
2011年