ライブラリ

キャリア開発山下勝(青山学院大学経営学部 准教授)

 本稿は、国際コンテンツプロデューサーを志す人材に向けて記したものである。映画製作に寄与し、創造性にあふれた作品を生み出すためには、どのようにしてキャリアを重ねればいいのか。プロデューサーの類型・体系をあらためて定義し、目標とする人材像を考察した上で、そこに到達するための手法を述べていく。創造的な映画コンテンツプロデューサーを目指す上での、一助とされたい。

目次

1. はじめに
2. プロデューサーを分類する2×2軸
3. プロデューサーが成すべき企業家活動
4. 職人型プロデューサー
 4-1. 日本とアメリカの職人型プロデューサー比較
 4-2. 人材の画一化が招く弊害
5. 職人型プロデューサーの問題点
6. 企業家型プロデューサー
 6-1. 分業の枠を越えるためのふたつの方法
7. キャリア形成のための3つの手法
 7-1. プロデューサーが学ぶべき3キャピタル
  (1) Knowing-whom(人的ネットワーク)
  (2) Knowing-why(職業的価値、アイデンティティ)
  (3) Knowing-how(スキル、技能)
 7-2. 同型的なキャリア形成──仕事の流れの中で価値を獲得する手法
 7-3. 相対的な価値形成──他者との比較により価値を獲得する手法
 7-4. 創発的なキャリア形成──特定の他者との間で価値を獲得する手法
 7-5. キャリアを自覚することの重要性
8. キャリア開発における課題
 8-1. 企業家型になるためのキャリアの築き方
 8-2. 創発的なキャリア形成の重要性
 8-3. 企業家型プロデューサーの将来性
9. 参考資料リスト

基本情報

ページ数
22ページ
出版社
経済産業省
言語
日本語
発行年
2011年