ライブラリ

Good in a Room: How to Sell Yourself (and Your Ideas) and Win Over Any AudienceStephanie Palmer

“Good in a room”とは、ハリウッドで使われる表現であり、広義では自分のアイデアや考えをピッチする(売り込む)のが上手な人を指す。元MGMの重役として何千ピッチも見てきた著者は、ピッチングをハリウッド以外でも価値がある能力として考えている。本書は、サラリーマン・企業家・芸術家など、アイデアを売る職業についている人を対象に、どうやってピッチングにうまくなれるか解説する。「何を」「誰に」「どのように」ピッチするかを考え、ピッチする相手の情報収集方法、ピッチ自体の構成方法、打ち合わせをするときの態度など、ミーティングの始まりから終わりを想定してアドバイスをしている。

目次

はじめに
 1 なぜこの本を読むべきか
 2 この本の対象者
 3 この本の中身と活用方法

第1部 鮫と共に泳ぐ方法
 4 ラポールの秘訣
 5 知識は大切
 6 また1に戻って
 7 相手には優しく
 8 「自信」の性質

第2部 タイトル、ティーザー予告、予告編
 9 エレベーター内のピッチで成功するのはありえないこと
 10 役職名はかっこよくつける
 11 自己紹介は戦略的に
 12 情報は効果的に公開
 13 4大質問

第3部 自分を売り込む方法
 14 ネットワーキングは今すぐ中止
 15 唯一意味があるネットワーキングの法則
 16 効果的なネットワーキングのイベント
 17 さらに知っていて役に立つ人
 18  自分の分野のVIPは大事にする
 19 内集団を形成していこう

第4部 ミーティング室の中で
 20 ミーティングの5段階
 21 部屋に入る前に
 22 交渉決裂を避けるには
 23 知的度をアピールする方法
 24 集中力100%外向けに
 25 良い質問の仕方
 26 いうのではなく、表す
 27 なぜQ&Aが良いか
 28 締めに
 29 退室するタイミング
 30 退室した後
 31 次のミーティングにいく前には

第5部 プチ・ミーティング
 32 お願い事をするとき
 33 関係を保つには
 34 フォロー・アップの仕方
 35 断り方

第6部 トラブルシューティング
 36 割り込み、間違い、災難
 37 悪いバイヤー
 38 パートナーと仕事をするとき
 39 行き詰ってしまった場合はこの章を読もう
 エピローグ

基本情報

ページ数
288ページ
出版社
Crown Business
言語
英語
発行年
2008年
ISBN10
0385520433
ISBN13
978-0385520430