ライブラリ

メインストリーム ――文化とメディアの世界戦争フレデリック・マルテル

娯楽映画・演劇・ポピュラー音楽・TV・出版など、アメリカのメインストリーム文化は、長きにわたりその魅力で世界中の人々を引きつけ、圧倒的な影響力を誇ってきた。しかし今、インド・中国を始めとするアジア諸国や、アラブ・中南米の国々がそれぞれの文化を世界に発信し、アメリカの文化的一極支配を突き崩そうとしている。世界30か国で1200人以上の関係者にインタヴューを重ね、世界文化戦争の現状をレポートする。

目次

第Ⅰ部 世界のアメリカ化現象
 第1章 ハリウッド・ロビー—アメリカ映画を世界に売り込む
 第2章 マルチプレックス—アメリカ人の映画鑑賞スタイル
 第3章 ザ・ディズニー—みんなが好きな文化の正体
 第4章 新しいハリウッド—独占からネットワークへ
 第5章 インディ・ジョーンズも「インディーズ」—映画コンテンツの作り方
 第6章 ポップミュージックの発明—モータウンからMTVまで
 第7章 ポーリン、ティナ、オプラ—文化を変えた女性たち
 第8章 南カリフォルニア大学—メインストリーム文化の実験場

第Ⅱ部 世界文化戦争
 第9章 カンフー・パンダ—中国vsハリウッド
 第10章 世界征服を目論むボリウッド—ライヴァルは中国とアメリカ
 第11章 ロスト・イン・トランスレーション—JポップとKポップ
 第12章 TVドラマの地政学—韓流ドラマ、ラマダン・シリーズ、テレノベラ
 第13章 マイアミ—中南米ポップスの中心地
 第14章 アルジャジーラ—カタール発の世界的メディア
 第15章 アラブのエンタテイメント—砂漠の王子は中東のマードックを目指す
 第16章 ヨーロッパの反メインストリーム文化—多様化/細分化する
     アイデンティティ

結論 デジタル時代のコンテンツ戦争

基本情報

ページ数
496ページ
出版社
岩波書店
言語
日本語
発行年
2012年
ISBN10
4000249517
ISBN13
978-4000249515