ライブラリ

The Independent Filmmaker's Law and Business Guide (2009 edition)Jon M. Garon

映像技術の進化により、映画を撮ることは楽になった一方、資金調達や配給など、映画制作におけるビジネス的・法律的なハードルは依然としてある。本書は、フィルムメーカーの苦手分野といわれているビジネス・法律面に着目し、その観点から映画製作の流れを解説している。芸術としての映画作りではなく、フィルムメーキングをビジネスとしてみる重要性を著者は主張している。

目次

第1部 映画を作るために映画会社を設立
 1 映画制作の準備
 2 映画会社
 3 映画会社の責任
 4 映画会社の財産:映画のコンセプト 
 5 契約
 6 映画のファイナンシング
 7 バジェッティング
 8 投資家パッケージ

第2部 映画制作:プリプロダクションとポストプロダクション
 9 制作チームを構成
 10 独立系映画会社のキーメンバー
 11 機材とロケーション
 12 シューティング
 13 ドキュメンタリー映画と実話に基づいた映画に必要な考慮
 14 音楽
 15 ポストプロダクション
 16 ゼロ予算映画制作に必要な考慮

第3部 映画の売り込み:マーケッティングと配給
 17 劇場配給
 18 劇場配給以外の配給手段
 19 セルフ・ディストリビューションとセルフ・プロモーション

第4部 付録
 A 長編作品脚本のフォーマット
 B 著作権に関する資料(米国議会図書館より) 
 C 契約書のサンプル
 D WGA (Writer's Guild of America)が指定したクレジットの定義 
 E ドキュメンタリーの公正使用練習ガイド
 F 資料 

基本情報

ページ数
442ページ
出版社
Chicago Review Pr
言語
英語
発行年
2009年
ISBN10
1556528337
ISBN13
978-1556528330