ライブラリ

キャラクタービジネス―「かわいい」が生み出す巨大市場山田 徹

キャラクタービジネスは、映像コンテンツのビジネスと直結している。多くのアニメ作品やヒーローが主役の映画は、キャラクターグッズを販売することを収益源の1つとして位置付けている。その意味で本書は、キャラクタービジネスを多面的に解説しており、キャラクタービジネスを理解する上で有用である。特にポケモンを例に出し、キャラクタービジネスがアニメなどコンテンツから生まれるキャラクターに依存しつつあると説明しており、この相互依存関係によりコンテンツビジネスが成立していることを確認できる。

目次

1. キャラクター市場隆盛の理由
 1.1 膨張し続けるキャラクター市場
 1.2 なぜキャラクターが受けるのか
 1.3 キャラクターは優秀な”CMタレント”
2. キャラクタービジネス構造の変化
 2.1 キャラクターの”生まれ故郷”
 2.2 「コミック発」から「メディアミックス」時代へ
 2.3 「アニメビジネス」の構造変化
3. 人気キャラクターはどこが違うか
 3.1 「強力・定番キャラクター」の強み
 3.2 「懐かし・復活キャラクター」の条件
 3.3 日本にあふれる「海外注目キャラクター」
 3.4 増え続ける「オリジナル企業キャラクター」
 3.5 流行をどう見つけるか
4. キャラクタービジネスの”仕掛け”
 4.1 売れない時代このマーケティング
 4.2 売り方、見せ方にも工夫が必要
 4.3 究極のキャラクタービジネス「テーマパーク」
 4.4 キャラクターショップ展開の大きなメリット
 4.5 テーマパークの新しい形
5. キャラクタービジネスの基礎知識
 5.1 「商品化契約」の基本
 5.2 「広告販促契約」の条件
 5.3 ライセンサーの素顔
6. キャラクタービジネスのゆくえ
 6.1 ますます発展するキャラクタービジネス
 6.2 「インタラクティブ」で広がるビジネスチャンス
 6.3 革新を迫られるコンテンツビジネス
 6.4 キャラクタービジネスに参入する方法

基本情報

ページ数
195ページ
出版社
PHP研究所
言語
日本語
発行年
2000年
ISBN10
456961177X
ISBN13
978-4569611778