ライブラリ

図解&ケース 国際タックスプランニング入門田川 利一

本書は、グローバルな事業展開を目指す日本企業に向けて、国際タックスプランニングを基礎から解説した一冊である。まず海外取引における典型的なパターンとその課税関係を整理した後、タックスプランニングの具体的な手法やクロスボーダーにおける実施上の留意点に関して、図を織り込みながらより視覚的に解説している。また世界を地域別に分け、それぞれの特徴について複数の実例を挙げながら紹介している。

目次

第1章 まず押さえておきたい海外取引の7つのパターンと課税関係
 取引パターン1 資本出資
 取引パターン2 融資
 取引パターン3 有形資産の賃貸
 取引パターン4 無形資産のライセンス
 取引パターン5 役務提供
 取引パターン6 棚卸資産販売
 取引パターン7 資産の譲渡

第2章 タックスプランニングのまえに国際税務の基礎知識
 1 法人税の課税方式
 2 租税条約
 3 外国税額控除
 4 外国子会社配当益金不算入制度
 5 タックスヘイブン対策税制
 6 移転価格税制

第3章 タックスプランニングの基本的な考え方とその手法
 1 タックスプランニングの基本的な考え方
 2 タックスプランニングの基本的手法
 3 タックスプランニングの運用
 4 タックスプランニングと租税法律主義

第4章 海外進出にかかるタックスプランニング14のケース・スタディ
 1 アメリカでのタックスプランニング
 2 アジアでのタックスプランニング
 3 欧州でのタックスプランニング

付録●国別主要税制の比較一覧表

基本情報

ページ数
304ページ
出版社
株式会社中央経済新聞
言語
日本語
発行年
2015年
ISBN10
4502122319
ISBN13
978-4502122316