インフォメーション

University of California, Los Angeles(UCLA) とは

カリフォルニアで最多の学生を擁する総合州立大学

 UCLAは1919年に設置された総合州立大学である。127の専攻科目、3600の学部課程、4000名以上の教員、そして800以上の学生団体が存在している。30以上の学術的プログラムがそれぞれの分野でトップ20に数えられており、この中には最も人気のある学部専攻課程がすべて含まれている。

 学生は早ければ1年次から、研究者の密な指導を受けつつ研究を行うことができる。成績優秀者向けのオーナーズ・プログラムは、学際的セミナーや魅力的な授業、個人に特化した指導、批判的思考を奨励する成績優秀者向けの特別コースなど、内容豊かな教育体験をもたらしている。学部教育の礎となるのは社会奉仕であり、地域や州、あるいは全国規模でボランティア活動と学習稼働を統合したプログラムが実施されている。学生はこうした活動に積極的に参加し、2010年~2011年度はUCLAの学生2万8000人が社会奉仕活動を行った。

 海外留学も奨励しており、毎年2000名以上が留学をしている。また多くの自治体以上に芸術・文化プログラムを実施しており、学生は毎年1000以上のイベントに参加できる。UCLAの学生はその前向きな姿勢と可能性の豊かさで知られているが、これは大学自体が前向きな思考を貫いているからであり、学生のチャンスが伝統や学問分野間の壁によって制限されることはない。学生は思うままに目標を高く掲げ、そこに到達できるのである。

多彩な学部と世界規模のエクステンション

 豊富な学部専攻の中でも、政治学、心理学、生物学、経営学、歴史学が特に人気である。UCLAでは150近い学部で大学院の学位を授与しており、経営学、医学系では広範なプログラムから選択可能だ。博士課程は各専攻分野で全米トップ10に入る。

 外部組織ではあるが、外国人向けの語学教育や社会人向けの資格取得コースを中心に提供するUCLA Extensionはアメリカでも最大級の規模を持ち、最も広範囲にわたる継続的高等教育プログラムだ。異なる20の分野で証書を発行するプログラムを100以上展開しており、そのいずれもスケジュールを柔軟にカスタマイズでき、社会人でも受講しやすくなっている。