インフォメーション

New York Universityとは

ニューヨークの息吹を感じる都心キャンパス

 1831年創立のNYUは、今やアメリカ最大の私立大学のひとつとなっている。入学者は4万名を超え、マンハッタンの5つの拠点には18のスクールおよびカレッジが存在する。アフリカ、アジア、ヨーロッパ、南米にも分校が置かれており、学生はアメリカ以外に133ヵ国から集まっている。教員の数も多く、現在では3100名以上がフルタイムで指導・研究に従事する。その領域も人文科学、科学、社会学、法律、医学、ビジネス、教育、美術・絵画工作・パフォーミングアーツ・映画芸術、音楽、社会事業、行政学、古代学、継続的専門研究など、多岐にわたる。

 NYUの中枢部にあたるワシントン・スクウェア・キャンパスは、ニューヨークで最もクリエイティブで活気のあふれるグリニッチ・ビレッジにある。「街の中にあり、街のものである」という創立者のビジョンを守り、NYUは壁も門も持たず、ニューヨーク市のエネルギーから常に刺激を受けている。

Tisch School of the Artsとは

 芸術分野の学部・大学院で世界を牽引するTisch School of the Arts(Tisch)は17の学部・プログラムからなり、MFA、BA(Bachelor of Arts:文学士)、BFA(Bachelor of Fine Arts:美術学士)、MA(Master of Arts:文学修士)、MPS( Master of Professional Study:専門研究修士)、Ph.D.(Doctor of Philosophy:博士)が取得できる。

 海外展開にも熱心であり、2007年秋にはシンガポールにTisch School of Asiaが開校し、NYUにとって初となるニューヨーク市外の学位授与キャンパスとなっている。

 Tischの中核をなすNYU Maurice Kanbar School of Film & Television(MBA / MFA Dual Degree Program in Producingの学生も、この学部の授業を一部取る)の卒業生としては、『ノーカントリー』の共同監督・脚本・製作、『オー・ブラザー!』の監督・共同脚本であるJoel Coen、『007 慰めの報酬』および『ネバーランド』の監督であるMarc Forster、『マルコヴィッチの穴』の製作総指揮・脚本、『エターナル・サンシャイン』の製作総指揮・原案・脚本を手掛けたCharlie Kaufmanなどがいる。