インフォメーション

伊藤国際教育交流財団 日本人奨学金
公益財団法人伊藤国際教育交流財団は、日本から海外の大学院へ留学する者、および海外から日本の大学院へ留学する者への奨学援助、また海外の大学等研究機関が実施する学術研究に対する助成支援を行なっている。我が国と諸外国との相互理解の促進に寄与し、世界に貢献できる人材の育成を目的として、宗教法人真如苑の開祖である故・伊藤真乗大僧正の遺志により設立された。 「日本人奨学金」では毎年、日本から海外の大学等の大学院課程(修士)に留学する日本人留学生を対象に、希望者を募集している。

対象者

海外の大学等の修士課程および、それに準ずる課程の正規生。

応募資格

  1. 日本国籍を有し(日本で初等~中等教育を受けた外国国籍の者も可)、海外の大学等の大学院修士課程に正規生として入学を予定しており、性格、人格共に優秀で経済的援助を必要としている者。専攻分野は問わない
  2. 奨学金に応募する翌年の1月~12月末日までに入学する者
  3. 面接選考を受けられること
  4. 奨学生として採用決定後、ガイダンスに参加できること
  5. 該当年の4月1現在において、年齢が29歳以下の者が望ましい(30歳以上の場合は「進学が遅れた理由」を提出)
  6. 応募から留学先への渡航までの期間は日本に在住していること

応募期間

2012年6月25日?8月25日 次年度以降については、問い合わせ先に確認のこと。

応募人数

10名程度(欧米またはオーストラリア、ニュージーランド、カナダへ留学予定の者)
「日本人奨学金」としては、中南米、アジア、アフリカなどの国への留学者にも奨学金を提供しているが、すべての国を含め、1991年度から2013年度までに154名に支給されている。

支給内容

  1. 生活費 月額16万円
  2. 学費 実費(年間300万円以内)
  3. 往復旅費 実費(渡航および帰国時に支給、上限あり)
  4. 支給期間 2年以内
昨今の修士課程の多様化により、3年間で専門資格が得られるコースが設立されている大学もあるため、これらのコースに入学を希望する者の応募も可。ただし、奨学金の支給に関しては、生活費の月額を上記支給月額の3分の2の額を3年間とし、学費は3年間で600万円を限度とする。

問い合わせ先

公益財団法人伊藤国際教育交流財団
TEL:03-3299-7872
http://www.itofound.or.jp/scholarship-jp

一覧に戻る