インフォメーション

Columbia University in the City of New Yorkとは

世界最多のノーベル賞受賞者を輩出した研究大学

 1754年、ニューヨークにてColumbiaは創立された。12以上の大学院およびプロフェッショナル・スクールを持ち、5800名以上の学部生がColumbia CollegeおよびThe Fu Foundation School of Engineering and Applied Scienceで学んでいる。コア・カリキュラムは評判が高く、文学、哲学、科学、美術、歴史、音楽の分野で全学部生に共通の教養を与えている。教員との緊密な授業を可能にするため、クラスの人数は約24名を上限としている。

 ノーベル賞受賞者を多数輩出しており、世界中から多くの研究者、留学生が集まる研究大学としても知られている。著名な卒業生にはBarack Obama、Isaac Asimov、Madeleine Albright、Langston Hughes、Jack Kerouacなどがおり、その他あらゆる職業で卒業生が活躍している。

 本部はマンハッタンのモーニングサイド・ハイツ地区に位置し、究極のクラスルームともいえるニューヨーク市全域へのアクセスが容易なだけでなく、書店やカフェ、公園が並ぶ住宅街の只中にある伝統的なキャンパス内での4年に及ぶ寄宿生活も保障されている。学生は50の州と90の外国から集まり、学部生の半数以上は有色人種である。500以上の学生組織(うち31はアイビー・リーグ1部の体育会)が活動しており、何十もの地域社会奉仕組織、パフォーマンス・グループ、政治サークル、出版サークルなどが存在している。

多様性へのこだわりが生み出す多彩な学資援助

 Columbiaはニーズに応じてさまざまな学資援助を提供しており、1年次から貸与ではなく贈与の形で援助する。世帯年収が6万ドル未満で資産状況が平均的な家庭は、学費、部屋代、入寮費およびその他の諸費用を収入または資産から賄わなくてもよく、世帯年収が6万~10万ドルで資産状況が平均的な家庭は支払額が大幅に減額される。留学や研究、インターンシップ、社会奉仕などを望む学生には追加学資の請願機会を与えたり、学費を免除したり、夏季の就業を強制したりしないなどの措置を与えている。同校は昔から多様性へのこだわりをモットーとしており、「学生の教育上の夢を実現するうえで学費が障害になってはならない」という信念を貫いている。