インフォメーション

新進芸術家海外研修制度
文化庁では将来の我が国における文化芸術の振興を担う人材の育成を目的に、美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術といったメディア芸術の各分野における新進芸術家の海外の大学や芸術団体、芸術家等への実践的な研修に従事する機会を提供するため、実地研修する際の渡航費・滞在費を支援している。 派遣期間としては、1年、2年、3年、特別(80日)および高校生派遣(15歳以上18歳未満、350日)の5種類があり、これまでに3000名以上を派遣している。

対象者

美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術といったメディア芸術の各分野における新進の芸術家、技術者、プロデューサー、評論家など。

応募資格

  1. 日本国籍または日本の永住資格を有すること
  2. 下記の年齢条件を満たすこと 1年派遣:美術分野 18歳以上50歳未満/その他の分野 18歳以上45歳未満
    2年派遣:美術分野 18歳以上35歳未満/その他の分野 18歳以上30歳未満
    3年派遣:美術分野 18歳以上32歳未満/その他の分野 18歳以上27歳未満
    特別派遣:全分野 18 歳以上
    高校生派遣:音楽・舞踊分野 15歳以上18歳未満
  3. 専門とする分野で芸術活動の実績があること
  4. 外国での研修に堪えうる語学力を有すること
  5. 研修先の施設の受入保証(受入先が個人である場合を含む)があること
  6. 保護者の同意があること(高校生派遣のみ)
  7. 研修開始時には、義務教育を終了していること(高校生派遣のみ)

募集期間

2012年6月中旬?8月中旬
次年度以降については、問い合わせ先に確認のこと。

募集人数

年度によって変動 映画分野においては、2010年度は2名、2011年度は4名、2012年度は5名を派遣している。

支給内容

  1. 往復の航空賃(エコノミークラスの実費。燃油サーチャージおよび空港使用料は含まない)
  2. 支度料 2万5000円
  3. 滞在費(日当および宿泊料。地域によって支給額が異なる) 滞在費は、ロサンゼルスやニューヨークなど指定都市の場合、出発日から31日目までが1日合計1万5200円、同一地域で32日目から61日目が1日合計1万3680円、同一地域で62日目以降が1日合計1万2160円となっている。

問い合わせ先

文化庁 文化部芸術文化課支援推進室 育成係 TEL:03-5253-4111(代表)内線2081・2082 http://www.bunka.go.jp/geijutsu_bunka/05kenshu/index.html

一覧に戻る