インフォメーション

平成29年度:米国UCLAにおける短期研修プログラム

米国UCLAにおける短期研修プログラム「エンタテインメントビジネスの未来」参加者募集

2017.12.7 主な実施内容及びプログラム監修を更新しました
2017.12.12 主な講師陣を追記しました

 公益財団法人ユニジャパンでは、経済産業省の委託事業 (平成29年度人材発掘育成・国際ネットワーク構築事業) を受託し、コンテンツ産業の国際展開及び国際共同製作を推進するため、企画開発・制作実務・資金調達・契約・マーケティング等のノウハウを身につけ、ジャンルの壁を越えてプロデュース業務を行う「国際コンテンツビジネスプロデューサー」の育成を行っております。その一環として、米国西海岸の名門ビジネススクールであるUCLA Anderson School of Management (UCLA Anderson) の協力のもと、「Future of Entertainment」をテーマにした1週間の短期集中プログラムを、ロサンゼルスにて開催いたします。

 近年のコンテンツ業界は、既存のメディア構造の変化や新たなサービスの普及、技術的なイノベーションによって大きく変化しています。コンテンツビジネスにおいて常に世界を牽引しているハリウッドでも、劇場やテレビといった従来型メディアからネット配信への移行、VRの普及、ITジャイアントのコンテンツ製作への進出など、事例は枚挙に暇がありません。そのような中で、新たなビジネスチャンスをつかむためには、常に最新技術や業界トレンドにアンテナを張り、既存のモデルを上手く対応させる、もしくはまったく新しい機会を創出する必要があります。

 今回のプログラムの監修を行っているのは、UCLA Andersonにおいてエンタテインメント分野に関する世界トップクラスかつ先進的な教育を行っているCenter for Management of Enterprise in Media, Entertainment and Sports (Center for MEMES) です。
 プログラムでは、Center for MEMESの協力のもと、テック系企業の新興集積地であるシリコンビーチやハリウッドの業界関係者及びUCLA Andersonの教授陣から最新のビジネスシーンを学ぶレクチャー、新たなコンテンツビジネス企画の開発に取り組むグループワーク、Center for MEMESが毎年主催しているコンテンツビジネスイベント「Pulse Conference 2018」への参加等を通じて、未来のコンテンツビジネスについて学び、考えていくことを目的としております。
 なお、プログラムにおける講義の使用言語は全て英語となり、通訳の随行はございません。

 本プログラムへの参加を希望される方は、以下の概要を必ずご確認のうえ、お申し込みください。

1.開催概要

研修期間
2018年1月29日 (月)~2月2日 (金)
※現地集合: 1月27日 (土) / 現地解散: 2月3日 (土)
研修場所
University of California, Los Angeles (UCLA), Anderson School of Management (米国ロサンゼルス)
宿泊場所
UCLA内宿泊施設
※原則として2人部屋となります
主な実施内容
※下記内容に関しては調整中のものです。詳細なスケジュールにつきましては、1月中旬に開催する事前説明会にてお知らせいたします。

○ 事務局によるオリエンテーション

○ UCLA Anderson教授陣及び業界関係者によるレクチャー
 UCLA Andersonの教授陣や業界のプロフェッショナルをスピーカーに迎え、新たなコンテンツビジネスの潮流や、エンタテインメント業界におけるマーケティング及びデータ分析、リーダーシップ等について学び、議論します。各日のレクチャーでは以下のようなテーマを取り上げる予定です。

  • アイデアを革新的なビジネスソリューションに落とし込む方法
  • ハリウッドにおけるエンタテインメントビジネスモデル
  • デジタル時代の視聴者データ分析手法
  • ブランドとスポーツの関係: スポンサーシップとパートナーシップ
  • AR・VRが生み出す新しいコンテンツジャンルとビジネス
  • エンタテインメントビジネスにおけるリーダーシップ及び組織論
  • クリエイティブのマネタイズ手法
  • コンテンツ業界におけるビッグデータの活用
  • ケーススタディ: HBO製作「ゲーム・オブ・スローンズ」

○ コンテンツビジネス企画開発ワークショップ
 「コンテンツ×イノベーション」をテーマに、参加者同士でチームを構成してビジネス企画の開発に取り組みます。ハリウッドのスタジオやTVネットワークから提供された既存のIPをもとにして、その作品IPから得られる収益を最大化するためのフランチャイズビジネス戦略を考えていき、木曜日には、各チームが開発したビジネス企画をプレゼンテーションして、ハリウッドの業界関係者等から講評を受けるピッチセッションを実施します。

○ PULSE Conference 2018
 今年で7年目を迎えたUCLA Anderson主催のワンデイイベント「PULSE Conference」への参加を予定しています。このイベントは、400名を超えるMBA学生、卒業生、そして業界プロフェッショナルが参加し、エンタテインメント、スポーツ、テクノロジー分野の最新トレンドや課題、今後の可能性について広く共有し、議論する場としての役割を果たしています。
 PULSE Conference 2017では、Les Moonves (Chairman of the Board, President and CEO / CBSコーポレーション)、Stan Kasten (President and CEO / ロサンゼルス・ドジャース)、Steve Bartels (CEO / デフ・ジャム・レコーディングス) らをゲストに迎え、パネルディスカッションやインタビューセッションが行われました。

○ 企業訪問
 ハリウッド大作やIPによるフランチャイズ作品を手がけている映画スタジオもしくはTVネットワークを訪問し、会社見学を行うとともに、エグゼクティブとのQ&Aセッションを行います。(20世紀フォックス社、パラマウント・ピクチャーズ社、Youtube社等と現在調整中)

○ レセプションとネットワーキングパーティー

主な講師陣

Michael Lombardo (Former President of HBO Programming)
1983年より30年以上HBOで製作や編成を手がけ、2007年より番組編成のトップとして『Game of Thrones』や『Veep』といった数々のヒット作を世に送り出してきた。2016年よりインディペンデントプロデューサーとして活動し、現在はHBOとTVシリーズ『Who Fears Death』を開発中。

Brian Frons (Distinguished Visitor at UCLA Anderson School of Management)
2006年から2012年までの7年間、ABC DaytimeのPresidentを務め、15年以上続く昼帯のトーク番組『The View』や革新的なグルメ番組となった『The Chew』等を手がけた。現在はUCLA Andersonにてエンタメ専門科目である『Managing Creativity for Profit in Entertainment and Technology』を教えている。

Iris Firstenberg (Adjunct Associate Professor of Management and Organizations at UCLA Anderson School of Management)
UCLAにて認知心理学の修士及び博士課程を修了し、2004年よりUCLA AndersonでCreative Problem SolvingやInnovative Thinkingを専門に教えている。

Mark Francis (Distinguished Visitor at UCLA Anderson School of Management)
スポーツビジネスにおけるマーケティングやビジネス開発を専門とし、NHL Winter ClassicやMLB All-Star FanFestといった数々のスポーツイベントを主催するBaAM Productionsのコンサルタントを務める一方、UCLA Andersonでは『Sports Management』を教えている。

※このほかにも、NetflixやHulu、Amazonといった配信事業関係者、SonyやParamountといった大手スタジオVR・AR事業関係者等、複数のコンテンツビジネス関係者の参加を調整中。

プログラム監修
本プログラムの開発にあたり、Center for MEMESを代表する以下の2名にご協力をいただいております。

Sanjay Sood (Faculty Director, Center for MEMES, UCLA Anderson School of Management)
イリノイ大学を卒業後、米国Central Corporationに入社して製品マーケティングを担当するなど経験を積んだのち、ケロッグ経営大学院、スタンフォード大学経営大学院を経て、現在はUCLA Andersonにおいてメディアやエンタメ関連の授業を監修するとともに、ブランドエクイティ及び消費者の意思決定に関する研究を行っている。また、テクノロジーやエンタメ関連企業と研究や教育において協力するなど、業界とのつながりも深い。

Jay Tucker (Executive Director, Center for MEMES, UCLA Anderson School of Management)
スタンフォード大学卒業後、コロンビア大学にて教育工学の修士号、UCLA AndersonにてMBAを取得し、USC Marshall Business School内の研究機関Institute for Communication Management Technologyでマーケティングやプログラム開発を担当したのち現職に就く。また、2012年より開催されている「Silicon Beach at USC」の立ち上げや、Center for MEMES主催の「PULSE Conference」の運営など、コンテンツ分野におけるビジネスとテクノロジーの関係に焦点を当てた様々な企画に関わっている。

参加対象者
  • 新たなコンテンツビジネス企画を手がけようとしているプロデューサー
  • コンテンツ分野における起業を考えている人
  • コンテンツやテクノロジー関連企業における新規事業立ち上げ担当者
  • ベンチャーキャピタル関係者 など
募集人数
20名程度 (有識者及び事務局による書類選考を行います)
参加費及び往復交通費について
  • プログラム参加費 (研修費) は無料です。
  • 研修期間中 (1月27日~2月3日) の宿泊費及び食費として実費 (1000ドル程度) をお支払いいただきます。
  • 現地までの往復交通費は参加者負担となります。また、現地までの往復航空券につきましては参加者各自でご手配ください。
備考
  • 研修では自己紹介、質疑応答、プレゼンテーションも含めてすべて英語により進行し、通訳等は実施いたしません。
  • 研修参加にあたっては、参加者決定後の1月中旬に開催する事前説明会にご出席いただく必要があります。
主催
経済産業省、公益財団法人ユニジャパン

2.応募手続

※申し込みは終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。

3.選考について

有識者及び運営事務局による選考を行います。なお、選考理由等につきましては開示いたしませんので、あらかじめご了承のうえご応募ください。
(1) 選考方法
書類審査
提出書類:応募申請書 (様式1)
※書類審査の結果によっては、別途電話による追加ヒアリング等を行う場合もございます。
(2) 選考予定者数
20名程度
(3) 選考結果の通知
12月27日 (水) 夜までに個別にE-mailまたはお電話にてご連絡いたします。

4.参加決定後の準備

事前説明会
選考を通過して参加が決定した方を対象とした事前説明会を1月中旬に都内にて実施いたします。原則として研修参加者は全員ご参加いただく必要がございます。
事前課題
選考を通過して参加が決定した方については、講師から指定された英文資料 (参考書籍の抜粋等) に目を通す等の事前課題に取り組んでいただく必要がございます。事前課題の詳細につきましては事前説明会にてお知らせいたします。

5.本件に関するお問い合わせ

公益財団法人ユニジャパン内 研修運営事務局
担当:加藤・吉住
TEL:03-6226-3021
E-mail:hrd@unijapan.org

※お問い合わせはE-mailまたはお電話にてお願いします。
※E-mailによるお問い合わせの際は、メールの件名 (題名) を必ず「UCLA短期研修問い合わせ」とし、本文に、「氏名 (ふりがな)」「所属・部署名」「電話番号」「E-mailアドレス」を明記願います。

6.関係資料ダウンロード

関係資料は以下からダウンロードしてください。