インフォメーション

平成23年度:コンテンツ国際共同製作ワークショップ in 沖縄

「コンテンツ国際共同製作ワークショップ in 沖縄」参加者募集

公益財団法人ユニジャパンでは、コンテンツ産業の国際展開、および国際共同製作を推進しており、資金調達・契約・マーケティングといったプロデュース業務を推進する「国際コンテンツビジネスプロデューサー」の育成を目指しております。その一環として、経済産業省の委託事業(平成23年度若手映像等人材海外研修・国際ネットワーク構築事業)を受託し、沖縄県及び沖縄国際映画祭と連携して、コンテンツの国際共同製作を考えるプロデューサー向けの企画開発ワークショップを実施いたします。

本ワークショップは、ユニジャパン国際共同製作認定を通じた文化庁の国際共同製作映画への支援や沖縄文化等コンテンツファンド等の活用を想定し、企画開発の技法の習得と国内外のプロデューサーとの人的ネットワークの構築を目的としています。
公募によって選ばれた日本国内のプロデューサーとアジア地域から選出された海外プロデューサーがチームを組み、与えられた題材を国際共同製作企画としてブラッシュアップし、ピッチング、講評、ディスカッションを行います。今回はその題材として、沖縄に関連した6つの企画を用意しております。また、連携イベントとして、沖縄県内の主要ロケ地を視察するツアーや日本及びアジア地域の製作事情に関するシンポジウム、映画祭や現地関係者との交流会等も予定しております。

ワークショップへの参加を希望される方は、以下の概要を必ずご確認のうえ、お申し込みください。

1.研修概要

開催日
  • 2012年3月25日(日)~27日(火)
  • ※集合:3月24日(土)/解散: 3月28日(水)
  • ※詳細はスケジュールをご参照ください
会場
ラグナガーデンホテル(沖縄県宜野湾市)ほか
宿泊場所
ムーンオーシャン宜野湾(沖縄県宜野湾市)
内容

※本ワークショップは原則として英語により進行し、発表や質疑応答についても英語で行っていただきます。同時通訳や逐次通訳は行いません。

  • 沖縄県内のロケーション・ハンティング
  • 日本及びアジア地域の製作事情に関するシンポジウム
  • ファーストピッチング
  • チームごとの企画のブラッシュアップ
  • ファイナルピッチング
  • ディスカッション
  • 講評・総評
企画一覧

今回のワークショップで取り上げる企画は以下の6本です。国内参加者、企画者及び海外プロデューサーからなる4人程度の企画チームを構成し、チームメートと協力しながら、国際共同製作企画としてブラッシュアップしていただきます。なお、チーム分けにつきましては、参加者の希望を考慮いたしますが、必ずしも希望したチームに配属されるとは限りませんのでご了承ください。

  海外プロデューサー 企画概要
A フィリピン フィリピン残留孤児の中年女性と、彼女を父親と再会させようとしつつ、自身の成功のために利用しようとする日本人の若い女性のヒューマンドラマ。
B 台湾 沖縄と台湾の間に浮かぶ理想郷を舞台に、天然資源の発見を発端とした人々の暴走を描く社会風刺コメディー。
C 韓国 モーアシビー(毛遊び)と呼ばれる、若い男女が野原で即興で島唄を歌い踊る沖縄伝統の娯楽を背景に、そこで出会った男女のラブストーリー。
D シンガポール 中年イベントプロデューサーが、離島で出会った美少女をモデルに起用し、沖縄発のファッションイベントを成功させるサクセスストーリー。
E インドネシア 津波被害を受けたインドネシアで、マングローブの植林で新しいビジネスを展開して生活再建をする子供たちのコメディー。
F マレーシア 沖縄伝統の魔除け像であるシーサーをテーマにしたアニメーション。
リードトレーナー
Philip Lee(プロデューサー)

香港生まれ。1983年日本に渡り、映画制作会社で働きながら日本大学藝術学部大学院の監督コースを卒業。1996年にAmerican Film Institute(AFI/米国映画協会)のプロデューシングコースを卒業。2006年に香港理工大学大学院で経営学博士を取得。米国、ドイツ、日本、香港、中国、台湾、韓国等で映画製作に関わり、近年は香港、北京、シンガポールを拠点として国際共同製作を中心に活動している。現在、製作総指揮として、ウォシャウスキー兄弟、トム・ティクヴァ監督、トム・ハンクス、ハル・ベリー、ヒュー・グラント、スーザン・サランドン出演の、国際共同製作の新時代を切り拓く最新作「Cloud Atlas」のポストプロダクション作業中。また、「クロウ/飛翔伝説」のプロデューサー、ジェフ・モストとともに、人気グラフィックノベル「Razor」を原作とした作品を製作中である。本作は、オーストラリア、シンガポール、中国との共同製作企画であり、今秋オーストラリアと中国で撮影開始の予定。

  • 関わった主な作品:
  • 「ダークナイト」(2008年/ライン・プロデューサー:香港)
  • 「僕の彼女を紹介します」(2004年/エグゼクティブ・プロデューサー)
  • 「HERO」(2002年/ライン・プロデューサー)
  • 「グリーン・デスティニー」(2000年/アソシエイト・プロデューサー)等。
対象者
  • コンテンツ(映画・テレビ・アニメ・ゲーム等)製作の実務経験を持つプロデューサー
  • 主としてアジア圏との国際共同製作を志向していること
  • ファンドや助成金等を活用した国際共同製作に関心があることが望ましい
  • 英語による円滑なコミュニケーションが可能であること
募集人数
12名程度 (事務局による選考を行います)
※その他、海外プロデューサー6名(フィリピン、台湾、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア)及び企画提案者6名が参加予定です。
参加費用及び往復交通費について
ワークショップ参加費(研修費・宿泊費)は無料。
ただし、現地までの往復交通費につきましては参加者各自で手配及び負担となりますのでご注意ください。
主催
経済産業省、公益財団法人ユニジャパン
協力
沖縄観光コンベンションビューロー、沖縄県産業振興公社、ジャパン・フィルムコミッション(JFC)

2.応募手続

※申し込みは終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。

3.選考について

有識者及び運営事務局により選考作業を行います。

(1) 選考方法
書類審査
提出書類:応募申請書 (様式1)
※書類審査の結果によっては、別途電話による追加ヒアリング、面接審査等を行う場合もございます。
(2) 選考予定者数
12名程度
(3) 選考結果の通知
3月9日 (金) までに個別にE-mailまたはお電話にてご連絡いたします。

4.スケジュール

※下記スケジュールに関しては調整中のものです。詳細スケジュールは参加者決定後にお知らせいたします。

3月24日(土)   ホテルにて現地集合
3月25日(日) 10:00~17:00 地域参加型国際共同製作ワークショップ(主催:沖縄観光コンベンションビューロー)
海外から参加するプロデューサーも交えて、沖縄県内の主要なロケ地を視察し、撮影に必要な手続きの説明やQ&A等を実施
18:00~ 沖縄国際映画祭ネットワーキングパーティー(主催:沖縄国際映画祭)
  ホテルにて宿泊
3月26日(月) 10:00~12:00 国際共同製作シンポジウム(主催:沖縄県産業振興公社)
日本及びアジア地域の製作環境や国際共同製作への取り組み、支援制度の発表及び今後の共同製作の展望について議論
13:00~18:00 企画開発ワークショップ①
・チーム分け
・ファーストピッチ
・講師からレクチャー
19:00~ アジアプロデューサーギャザリング(主催:ジャパン・フィルムコミッション)
  ホテルにて宿泊
3月27日(火) 10:00~12:00 企画開発ワークショップ②
・企画のブラッシュアップ
13:00~18:00 企画開発ワークショップ③
・ファイナルピッチ
・ディスカッション
・講評・総評
・沖縄文化等コンテンツファンドに関する説明
・文化庁の国際共同製作映画への支援に関する説明
19:00~ 交流会(予定)
  ホテルにて宿泊
3月28日(水)   ホテルチェックアウト後、現地解散

5.本件に関するお問い合わせ

公益財団法人ユニジャパン内 研修運営事務局
担当:清田・吉住・塩田
TEL:03-3553-4781
E-mail:hrd@unijapan.org

※お問い合わせはE-mailまたはお電話にてお願いします。
※E-mailによるお問い合わせの際は、メールの件名 (題名) を必ず「沖縄研修問い合わせ」とし、本文に、「所属・部署名」「氏名 (ふりがな)」「電話番号」「E-mailアドレス」を明記願います。

6.関係資料ダウンロード

関係資料は以下からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロード(adobeサイトへ)