留学

University of Southern California

(更新日: 2016/12/08)

学部名: School of Cinematic Arts

プログラム名: Peter Stark Producing Program ほか

University of Southern California(USC)とは

アメリカ西海岸で最も伝統ある私立大学

 芸術と技術、国際貿易の中心地ロサンゼルスにあるUSCは、1880年に設立された私立大学である。アメリカ西海岸で最も歴史が長く、全米の大学で最も多くの留学生を抱えることで知られている。

 ロサンゼルスを世界最大のアートの中心地とするためにも、USCは重要な役割を担っている。Thornton School of Musicは同市で最も活発にライブパフォーマンスをプロデュースする組織であり、毎年500以上のイベントを開催している。また、School of Dramatic Artsも精力的に興行をプロデュースし、Fisher Museum of Artでは現代作品から古代の文化財までを展示している。そしてSchool of Cinematic Artsは、さまざまなフィルムの上映会などのプログラムを展開している。

 さらに、医学、情報工学からスポーツまで幅広い分野で実績を上げており、優秀な人材を世界に送り出している。

School of Cinematic Artsとは

「実践に勝る学習なし」がモットー

 1929年に設立された School of Cinematic Artsは全米最古のフィルムスクールであり、創立当初から初となる映画の学士号を提供している。創立時の教員には、Douglas Fairbanks、D.W. Griffith、William C. DeMille、Ernst Lubitsch、Irving Thalberg、Darryl Zanuckなどが名を連ねていた。当時から劇場用映画、インディペンデント映画、テレビ、映画研究、アニメーション、ドキュメンタリー、コマーシャルなどに多大な影響力を持っており、最近ではインタラクティブ・メディアへの影響も大きい。George Lucas、Robert Zemeckisら世界的に有名な監督も輩出している。

 同校では「実践に勝る学習なし」という理念に基づき、教育を行なっている。また、理論と実践が互いに作用しあう中で優れた発想が生まれると考え、学生に映画、テレビ、インタラクティブメディアの製作現場をくまなく見渡すことを推奨している。

最新鋭の施設を完備

 学内には最新の複合施設が設けられ、学生に高水準の教育と経験をもたらしている。サウンドステージ、アニメーション制作室、ミキシングシアター、40~200席の映写室、IMAXシアターなどがそろい、Robert Zemeckis Center for Digital Artsにはさらに多くの製作スペースと先進技術のための施設が備わっている。Zemeckis Centerには、ロサンゼルス市内の数百万世帯と米国内外の一部に毎日届けられる当校のテレビ放送「Trojan Vision」のスタジオもある。

豊富なコース

 School of Cinematic Artsの各コースについては以下で紹介する。