ライブラリ

「ポストプロダクション」タグによる絞込一覧

プロデューサー用語集

楠 純子

プロデューサー向けの資料を読み解くにあたって必要な用語を「制作」「ファイナンス」「配給・宣伝」「法務・契約」「税制・助成」の5分野に分けてピックアップし、英語・日本語の対訳及び簡単な解説を加えて紹介している。

東アジアコンテンツプレゼンテーション2011

 昨年に引き続き、東アジア各国の映画関連機関が集結したこのプレゼンテーションセッションでは、公益財団法人ユニジャパン事務局長の西村隆による日本映画産業の現状報告後、「国際共同製作支援」をテーマに各国の代表者たちが映画製作の現状や今後の対応について発表した。

ドラマ『蒼穹の昴』共同制作の舞台ウラ

 原作は日本、監督は中国、キャスト・撮影・制作は両国という、日中合作である「蒼穹の昴」。このドラマが成功を収めるまでには、いったいどのような準備や努力があったのか。実務に携わったプロデューサーが舞台裏を語った。

映画をつくる:キャンパスから劇場へ

 日本の大学で映画学部、あるいは映像研究を掲げる大学院は年々増えてきている。東京藝術大学でも、プロの映画製作人になるための実務だけでなく、劇場公開を意識した映画作りに積極的に取り組んできた。作品性や商業性をひとつの作品に内包することは可能なのか、東京藝術大学OBである監督とプロデューサーが自身の体験談を学生目線で語った。

Beyond Dolby (Stereo): Cinema in the Digital Sound Age

Mark Kerins
5.1チャンネル・サラウンドサウンドは、映画館とホームシアターで普及している。本書は、5.1チャンネル・サラウンドサウンドについて、「マトリックス」をはじめとする数々の映画を分析しながらその効果を解説している。分析では、画面に映し出されている被写体とその被写体のサラウンドサウンドとの関係を述べているが、サラウンドサウンドのミキシングが通常のステレオに比べて作業の手間がかかることも紹介している。本書...

Matchmoving: The Invisible Art of Camera Tracking

Tim Dobbert
マッチムーブとは、実写の映像素材と3DCGのデジタル映像素材をコンポジット(合成)する際の、実写カメラの動きや被写体の動きをデータとして推定するための技術のことである。デジタル技術を活用する映像制作が普及している今日の映像制作においては、マッチムーブは重要な要素技術となっている。本書では、このマッチムーブ技術のプロダクションにおける使い方を解説している。マッチムーブを利用するときの撮影に関する説明...

The Technique of Film and Video Editing, Fifth Edition: History, Theory, and Practice

Ken Dancyger
本書は、映像編集に関する理論と実践について解説している書籍である。アクション、コメディ、ドキュメンタリーなどのジャンルごとに解説しており、数多くの映画を事例として説明をしているのが特徴である。主に編集者や監督にとって有用な情報であり、プロデューサーには直接関係はないが、作品のクオリティコントロールをする観点に立てば意味がある。

After Effects and Photoshop―DVと映画のためのアニメーションと合成テクニック

Jeff Foster
本書は、DVと映画制作のためのモーショングラフィックスと合成テクニックを理解するためのガイドブックです。 コンポジティングとイメージ編集のプログラムの筆頭に挙げられるAfter EffectsとPhotoshopはさらに統合化が進み、併用することで、低コストでハイクオリティの作品を制作することができます。こグラフィックス界の第一人者Jeff Fosterは、本書『After EffectsとPho...

The Budget Book for Film and Television

Robert Koster
本書は、ハリウッド映画及びテレビ番組における予算の組み立て方について詳細に記述した重要な一冊である。また、本書では予算管理をするためのソフトウェアEP BudgetingとMovie Magic Budgetingの使い方についても解説しており、予算の各項目を単価や日数を入力することで積算するため、厳密な予算構築と管理を実行できる。また、制作における法的・倫理的規制についても解説されており、たとえ...