ライブラリ

「映画」タグによる絞込一覧

日本で製作する海外作品におけるラインプロデューサーの役割

金 久代
Kim_Role_of_Japanese_Line_Producer_in_Overseas_Projects_page_01
 グローバルプロダクションが今後のハリウッド映画の主要撮影戦略になりつつあるなか、言語や文化の違い、そして地域に特化した製作行程や労働環境の違いを十分に理解し、ハリウッドの製作チームと撮影地域の現場クルーの橋渡し役として円滑に現場運営をするために必要な語学力、現場経験、判断能力、各国での人脈、クリエイティビティー、知識、そして国際力を有し、まさに両者をつなぐ「ライン」となるプロデューサーが存在すれ...

映画のクリエイティブ要素としての「日本」

田近 昌也
Tajika_Japan_as_a_Creative_Element_page_01
世界中のあらゆる情報が短時間で簡単に手に入るようになった現在、アートにおいても、作品のインスピレーションの源は世界中から得ることができる。多くのハリウッド映画や米国で公開されているテレビ番組においても、多数派である白人社会の文化以外の要素が、作品のメインのテーマとなっていることも多く、映画の基となる小説やストーリーも世界中のマーケットから探し出されている。その中で、「日本」というキーワードが重要な...

先端技術を活用したコンテンツビジネスの最新動向について

event_report
 国際的にコンテンツビジネスを推進していくためには、マーケティング、技術、流通といったさまざまな分野でプロデュースに関わる人材が必要である。2016年2月27日 (土) に、国際コンテンツビジネスの最新動向を把握し、日本のコンテンツを国際展開していくための方法やそこで必要とされる人材像とその育成方法を探ることを目的とした「国際コンテンツビジネスフォーラム」が開催された。本セッションでは「技術革新」...

ハリウッドメジャーにおけるマーケティング手法とローカルプロダクションの現状

event_report
 国際的にコンテンツビジネスを推進していくためには、マーケティング、技術、流通といったさまざまな分野でプロデュースに関わる人材が必要である。2016年2月27日 (土) に、国際コンテンツビジネスの最新動向を把握し、日本のコンテンツを国際展開していくための方法やそこで必要とされる人材像とその育成方法を探ることを目的とした「国際コンテンツビジネスフォーラム」が開催された。本セッションでは「国際マーケ...

プロデューサー用語集

楠 純子
producer_dictionary

プロデューサー向けの資料を読み解くにあたって必要な用語を「制作」「ファイナンス」「配給・宣伝」「法務・契約」「税制・助成」の5分野に分けてピックアップし、英語・日本語の対訳及び簡単な解説を加えて紹介している。

ハリウッド流脚本開発トレーニング

 ハリウッド映画『きみがぼくを見つけた日』や『そんな彼なら捨てちゃえば?』のエグゼクティブプロデューサーをはじめ、様々なジャンルの映画製作に関わり、米国フィルムスクールUCLAの客員助教授でもあるMichele Weiss氏を講師に迎え、ストーリーテリングの基本である三幕構成や分析報告書(カバレッジ)作成に関するレクチャー、実際の映画製作過程の解説、脚本を読んでスクリプト・ノーツやログラインを作成...

「視聴覚障害者のための『映画』の在り方を考える」 シンポジウム

 シンポジウムは二部構成となり、第一部では映画制作者を代表して山田洋次監督の基調講演が、第二部では視聴覚障害者のためのバリアフリー映画の現状と未来についてディスカッションが、それぞれ行われた。またシンポジウムと並行して、『幸福の黄色いハンカチ』バリアフリー上映会も別会場で実施された。

海外映画祭 プログラマーサミット

 今や数多くの日本映画が海を渡り、海外のさまざまな映画祭で上映されている。世界の映画祭から見た日本映画の評価とは? 世界の映画祭で上映される日本映画には、どのような特徴や傾向があるのか? 一般的な国際映画祭の視点、そして日本やアジアをテーマにした専門映画祭の視点で、ディスカッションが行われた。

ワーキング・ウィズ・ジャパン ~世界の映画にとっての”日本”とは?

 エンタテインメント産業の中心だった映画が世界不況の影響を受け続けている中、リスクヘッジと市場の拡大を実現する国際共同製作へのニーズが高まっている。この分野において世界有数の市場である日本への期待はまだまだ高い。“日本”を映画で扱うことについて、国際共同製作の第一人者らが語った。

韓国のグローバルファンドと ロケーションインセンティブ制度について

 韓国政府は国際共同製作を活性化させるため、韓国企業が参加する映画、ドラマ、アニメなどの映像作品に対して、2011年中に1千億ウォン(約75億円)規模の助成を予定している。また、韓国映画振興委員会(KOFIC)では、韓国で撮影される海外資本の映像作品に対しても、手厚い支援制度を展開している。これら国を挙げての援助について、具体例を明示しながらその詳細が説明された。