ライブラリ

「インターネット」タグによる絞込一覧

ビジネスを広げるYouTubeの活用法

 全世界に8億人、国内だけで3,200万人もの利用者がいるYouTubeには、動画に広告を表示するとコンテンツ提供者の収益を上げることができる「YouTubeパートナープログラム」が用意されている。本セミナーでは、パートナープログラムやコンテンツ管理ツールの詳細が実例と共に解説され、ビジネスへいかに活用できるか紹介された。

変化を遂げる中国映像コンテンツ市場 -テレビ・ネット配信ビジネスの現場から-

 中国テレビ番組制作会社のキーパーソンを招いた本セミナーで語られたのは、テレビの多チャンネル化やインターネット配信サイトの普及が進み、消費者ニーズが多様化する中国の映像業界の最新事情について。新しいタイプの番組提供の必要性は高まってきており、海外テレビ番組のフォーマットの導入やリメイク、共同製作などの取り組みも進んできている。

ヒットコンテンツプロデューサーのEQ的特徴

 ヒット作品を生み出すコンテンツプロデューサーに共通点があるとしたら、プロデューサーを育成する方向性を見いだせるのではないだろうか。ヒットコンテンツプロデューサーのEQ(心の知能指数)的特徴の研究報告を交えながら、これからのコンテンツ市場を担う人材育成の可能性について語られた。

IPTV and Internet Video, Second Edition: Expanding the Reach of Television Broadcasting

Wes Simpson
065.jpg
インターネット上の映像配信と放送の融合の1つの形としてIPTVがある。本書は、IPTVについて技術とビジネスモデルの2つの視点から解説しているが、やや技術色が強い。技術については、インターネットの通信の仕組み、セキュリティ、帯域など配信サービスを提供するために重要な技術的な要素が含まれる。ビジネスモデルは、広告モデル、ペイパービュー・モデルなどを紹介し、その上でモバイルやビデオ2.0と呼ばれるソー...

次世代メディアクリエータ入門1 立体映像表現

河合 隆史
185.jpg
本シリーズでは、クリエータやコンテンツの不足している次世代メデ ィアを対象として、コンテンツの制作・公開において必要となる基礎的な情報を 提供するための、実用書となることを目的としています。  第1弾の本書では、主に立体映像の動画コンテンツに主眼を置きました。具体的には、 ビデオカメラで撮影するか、CGソフトで生成した立体映像ソースを、パーソナル コンピュータ(PC)で編集し、完成した作品を家庭用...

Beyond The Multiplex: Cinema, New Technologies, and the Home

Barbara Klinger
映画の劇場入場者数が減少しており、映画コンテンツの消費が劇場外にシフトしている。本書では、劇場外でいかに映画コンテンツが消費されているかを解説している。米国においては、ケーブルテレビやDVDによる消費に加え、インターネットで二次創作やパロディ作品をユーザーが創作していることを紹介している。また、DVDではおまけコンテンツ自体を価値として消費者が購入していることなどを解説している。本書は、やや学術的...

Measuring the User Experience: Collecting, Analyzing, and Presenting Usability Metrics

Thomas Tullis
073.jpg
本書は、ユーザーの使い勝手についての測定方法を解説した書籍である。ゲームやウェブなどのインタラクティブなコンテンツでは、操作性や情報の整理方法、あるいはメニューの構成やデザインによって、ユーザーの使いやすさが変わり、その結果コンテンツへの印象にも影響をする。社会調査などでも使われている様々な調査分析法をはじめ、コンテンツや使い勝手を調査するための手法が紹介されている。また、後半にはウェブやモバイル...

DigiMarketing: The Essential Guide to New Media and Digital Marketing

Kent Wertime
032.jpg
本書は、デジタルメディアを活用したマーケティング手法について解説しているマーケティングに関する必読書である。web2.0、モバイル端末、ゲーム、デジタルサイネージやIPTVまでを対象としており、実践的な説明が多く含まれている。特にユーザーからの評価や推薦を通してマーケティングを行うためのDigital Influence Plan(デジタルメディアを活用した影響力を実現するための計画)は、多くのソ...

Hollywood Dealmaking: Negotiating Talent Agreements for Film, TV and New Media

Dina Appleton
064.jpg
本書は、アメリカの映画、放送番組、デジタルコンテンツにおけるプロジェクト雇用に関する交渉術と契約内容について解説している。対象は、プロデューサー、監督、役者、脚本家、スタッフ。交渉では、交渉相手が譲れる範囲を理解した上で、金額、クレジットの扱いなど詳細に契約内容を詰めていく。本書は、契約社会において、いかに有利に契約を締結させるか、業界の慣習はなにかを理解するために重要な書籍である。