ライブラリ

「人材関連」タグによる絞込一覧

これからのコンテンツビジネスに求められる人材像とその育成について

 国際的にコンテンツビジネスを推進していくためには、マーケティング、技術、流通といったさまざまな分野でプロデュースに関わる人材が必要である。2016年2月27日 (土) に、国際コンテンツビジネスの最新動向を把握し、日本のコンテンツを国際展開していくための方法やそこで必要とされる人材像とその育成方法を探ることを目的とした「国際コンテンツビジネスフォーラム」が開催された。本セッションでは「人材開発」...

アニメ・スピードピッチ in Tokyo 2010 & ピッチングの極意:北米市場売り込みのための戦略指南

 ユニジャパンエンタテインメントフォーラム2010のプログラムとして、セミナー「ピッチングの極意:北米市場売り込みのための戦術指南」が行われた。前日までのスピードピッチの内容を受け、同じ5名のプロデューサーによって、北米デビューを志す日本のクリエーターに向けたピッチングの極意が紹介された。

ヒットコンテンツプロデューサーのEQ的特徴

 ヒット作品を生み出すコンテンツプロデューサーに共通点があるとしたら、プロデューサーを育成する方向性を見いだせるのではないだろうか。ヒットコンテンツプロデューサーのEQ(心の知能指数)的特徴の研究報告を交えながら、これからのコンテンツ市場を担う人材育成の可能性について語られた。

映像コンテンツと地域国際化

 年々、日本のロケーションを採用する海外作品が増えているが、観光をはじめとした地域ビジネスへどのように発展させていけばよいのか。韓国ドラマ「アテナ:戦争の女神」のロケ地に採用された鳥取県を例に、行政の担当者を交えて、今後の課題や展望について語られた。

映画をつくる:キャンパスから劇場へ

 日本の大学で映画学部、あるいは映像研究を掲げる大学院は年々増えてきている。東京藝術大学でも、プロの映画製作人になるための実務だけでなく、劇場公開を意識した映画作りに積極的に取り組んできた。作品性や商業性をひとつの作品に内包することは可能なのか、東京藝術大学OBである監督とプロデューサーが自身の体験談を学生目線で語った。

日・中・韓キャスティングフォーラム

 海外進出を目指す日本の芸能プロダクション2社と、中国(香港)、韓国の映画プロデューサーが、それぞれの国における合作映画への意欲や状況、製作方法について語りながら、海外進出への手掛かりを探った。

So You Wanna Be a Producer?

Steve Ecclesine
30年以上ハリウッドでテレビ・映画のプロデューサーとして活躍してきた著者が、自らの経験を語ったエッセイ集2冊分。映画制作について淡々と述べる書籍とは違い、著者はプロデューサーとして経験したことや、長年働いているハリウッドに対する意見を主観的に述べている。

3D Game-Based Filmmaking: The Art of Machinima

Paul Marino
コンピュータの性能が加速的に向上し、特にグラフィックス表現のハードウェア機能が進化したため、リアルタイムで3DCGのアニメーションを再生することができるようになった。このような環境でアニメーションをリアルタイム描画し表現するジャンルをマシニマ(Machinima)という。本書は、Machinimaで映像コンテンツを制作するための制作手法を解説している。プロデューサーとして知っておくべきことは、今後...

The Mailroom: Hollywood History from the Bottom Up

David Rensin
本書は、アメリカのタレントエイジェンシーのオーラルヒストリー(口述誌)である。1930年代から2000年代の間、エージェントとして活躍した数十人とのインタビューを通じて、各時代の社風や仕事の環境が描かれている。何十年間も体制が変わらないことで悪名高いエージェンシーのシステムでは、どんなに学歴が高い人でも全員郵便室で働き始め、最低賃金しか支払われない。お互いに競い合いながら出世の階段を上っていくエー...